カフェ・デ・オジャ

投稿日:

カフェ・デ・オジャとは、スペイン語で『ポットコーヒー』という意味を持ち、陶器で煮だして作る甘いコーヒー飲料のことです。

煮だすのに使う伝統的な陶器の種類や砂糖の産地によって、カフェ・デ・オジャの味が変わると言われています。

伝統的なポットコーヒー用の陶器を日本で見つけることは難しいですが、自宅の手鍋でも十分美味しく作ることは可能です。

主に寒い地域で良く飲まれており、日本でもメキシコ料理店やカフェなど、一部ですが提供しているお店があります。

また、煮だして作るという特性上、まとめてたくさん作ることが多い点も特徴的ですね。

こちらでは、管理人が作ってみたことがあるカフェ・デ・オジャのレシピをご紹介します。

カフェ・デ・オジャの作り方

【材料】3杯分
水         600㏄
粉コーヒー     コーヒー用スプーン3杯
シナモン      小さじ4分の1
黒糖        100~120g
シナモンスティック 3~4本(お好みで)

【作り方】
1.水とシナモンと黒糖を鍋に入れて沸騰させ、黒砂糖をしっかり溶かす。

2.砂糖が溶けたら、粉コーヒーを加えて、5~6分煮だす。

3.濾しながらカップに移し、お好みでシナモンスティックを添えたら完成。

黒砂糖の量からわかるように、かなり甘めのコーヒーです。
基本的にミルクやクリーム類は入れず、このまま飲みます。

ドリップした後のコーヒーを使うのではなく、粉の状態のコーヒーを直接鍋で煮だして作る点がポイントです。

シナモンスティックがない時は、カップに移したあと、シナモンパウダーをひとふりすると、香りが立ってより美味しくなります。

シナモンの香りと黒糖の香り、コーヒーの香りのバランスが絶妙に良いです。
黒砂糖とシナモンの効果で、身体の中からポカポカと温まる感じがします。

コーヒーの種類によって濃さや風味が変わるので、はじめて作るときは途中で味見して、煮だす時間を調整してみてくださいね。

管理人は、黒砂糖で作りますが、砂糖の種類は決まっていません。
上白糖やざらめ、シロップやはちみつなどを使う地域もあるようです。

陶器を使わないので、厳密に言うとカフェ・デ・オジャではないかもしれませんが、雰囲気だけでも楽しみたい方は、ぜひ作ってみてくださいね。







-ドリンクレシピ

Copyright© スパイス&ハーブマニア , 2019 All Rights Reserved.