ポピーシード<Opium Poppy>

投稿日:2017年5月26日 更新日: 2017年05月27日

ポピーシードは、ヨーロッパ南東部および地中海沿岸部を原産とするケシ科の一年草です。
乾燥させた小さな種子をそのまま、または粉末にしたものをスパイスとして使用します。

神戸アールティー ポピーシード 100g ケシの実 Poppy Seed スパイス 香辛料 業務用

 

ポピーシードの特徴

ポピーシードは、日本では『ケシの実』という呼び名が有名で、アンパンの表面にトッピングされていたり、七味唐辛子の材料のひとつとしてお馴染みのスパイスです。

ゴマよりも小さなポピーシードは、独特の香ばしい方向とプチプチとはじけるような食感が特徴で、一気に加熱することにより、芳香が増すという性質があります。

産地によって種子の色が異なっており、アジア産の白いポピーが『ホワイト・ポピーシード』、ヨーロッパ産の青みがかったグレーのポピーは『ブルー・ポピーシード』です。

ポピーシードの効果と薬効

ポピーシードは、美肌に良い成分が多く、美容系栄養補助食品などに良く使われるスパイスです。
また、咳を鎮めたり、痛みを抑える効果もあり、整腸作用やコレステロール値を下げる効果もあります。

食用となる種子の部分に麻薬成分は含まれていませんが、未熟なさやからにじみ出る乳液を乾燥させることで麻薬のモルヒネ(アヘン)となります。

ポピーシードの使い方・代表的な料理

焙煎したポピーシードは、サラダやカナッペのトッピングにしたり、焼き菓子の香りづけや混ぜ込む具材として使用されています。
バターとの相性が非常に良く、一緒に混ぜ込んで高温で焼くことにより、双方の香りが強くなるため、バターを使った洋菓子に好んで使われるスパイスです。

ヨーロッパでは、あんこ状のペーストにしたものを伝統菓子『マコヴィエツ』のフィリングにして使います。

ポピーシードを使ったおすすめのレシピ
【ポピーシードのレモンパウンドケーキ】

【材料】16㎝のパウンド型1個分
薄力粉 100g
砂糖  60g
たまご 2個
バター 50g
牛乳  大さじ2
ベーキングパウダー 5g

レモンの皮  1個分
レモン汁   大さじ1
ポピーシード 小さじ1

【作り方】
1.レモンの皮をすりおろし、レモンを絞っておく。バターと卵を室温に戻す。
 粉類(薄力粉・ベーキングパウダー)はふるっておく。オーブンを180度で予熱する。

2.ボウルにバターと砂糖を入れて白っぽくなるまですり混ぜる。

3.良く混ざったら、溶き卵を少しずつ加えながらバターになじませたら、レモンの皮とレモン汁を加える。

4.3にふるっておいた粉類を入れ、そこからすくいあげるように混ぜ込む。

5.ある程度混ざったら3にポピーシードと牛乳を加え、なめらかになるまで混ぜる。

6.バター(分量外)を塗ったパウンドケーキ型に生地を流しいれ、180度に予熱したオーブンで35~40分焼く。

ふんわりしっとりしたレモン香るパウンドケーキに、ポピーシードのプチプチ感とバターの香ばしさが良く合います。
ポピーシードの種類は問いませんが、ブルーポピーシードを使うとスライスした時に粒が模様になって綺麗です。

ベーキングパウダーを入れないで作ると、全体的にどっしりした仕上がりのケーキになります。
レモン汁大さじ1に粉砂糖30gを混ぜて作るレモンアイジングをかけると、お店で買ったようなゴージャス感がでるので、プレゼント用やおもてなし用のお菓子としておすすめです。







-は行

Copyright© スパイス&ハーブマニア , 2019 All Rights Reserved.