フェンネル<Fennel>

投稿日:

フェンネルは、地中海沿岸部を原産地とするセリ科の多年草です。
葉をそのままハーブとして利用するほか、乾燥させた種子をスパイスとして使用します。

フェンネル シード 原型 100g スパイス ハーブ fennel ウイキョウ 茴香 フェンネルシード ソーンフ ソーフ

 

フェンネルの特徴

乾燥させた種子は、アニスやスターアニスに似た甘い香りと苦みがあります。

フェンネルは、歴史上もっとも古いスパイスと言われており、古代ローマや古代エジプト時代から、盛んに食用や薬用として利用されていました。

枯草というラテン語の『フェヌム』が由来であり、フェンネルの黄緑色の茎や葉が枯れているように見えることから、この名がついたと言われています。

フェンネルの効果と薬効

整腸効果や胃を健康にし、殺菌・消臭効果があることから、食後の匂い消しとして使用されています。
また、発汗作用と利尿作用がデトックスに良いとされ、痩身作用もあることから、ダイエットに利用されたり、化粧品の原料として使われることもあります。

フェンネルの育て方

育てやすさ ★★★★★☆
種まき   4月上旬~5月下旬、9月上旬~10月下旬
開花    6月上旬~8月下旬
収穫    3月上旬~9月下旬

・風通しが良く、日当たりの良い場所に植える。
・背丈が高くなると倒れやすくなるので、支柱をたてて育てる。

フェンネルの使い方・代表的な料理

フェンネルは、魚料理との相性が非常によく『魚のハーブ』と呼ばれています。
中国のミックススパイス五香粉(ウーシャンフェン)に使用されるスパイスとしても有名です。

魚料理以外にも、ピクルスの風味付けやスープ、焼き菓子、リキュールの香りづけなどにも使用されています。
インドのカレー料理にも、良く合わせられるスパイスです。

また、茎(球根)の部分は、フィノッキオと呼ばれ、野菜として煮物やスープ、サラダに使われています。

フェンネルを使ったおすすめのレシピ
【フェンネル香る鮭の白ワイン蒸し】

【材料】
生鮭   2切れ
タマネギ 半分
ニンジン 3分の1
しめじ  2分の1株

★オリーブオイル  小さじ2
★フェンネルシード 小さじ1
★塩コショウ    適量

白ワイン 小さじ2

【作り方】
1.玉ねぎは薄くスライス、ニンジンは細切りにし、しめじをほぐしておく。

2.1と★の調味料を混ぜ合わせる

3.アルミホイルに生鮭を敷き、2の具材をのせ、白ワインをふる。(1匹ずつホイルを分けると食べやすい)

4.アルミホイルを閉じたら、オーブントースターで15~20分ほど焼いて完成。

フェンネルシードの香りを楽しみたいので、味付けは塩コショウのみです。
生鮭でなく、甘鮭を使うときには、塩コショウを控えめにしてみてください。

オリーブオイルではなく、バターを使っても美味しく出来上がります。
ちなみに、我が家のオーブントースターは800Wです。

また、白身魚を使うときは、マスタードシードを足すと味のバランスが良くなります。
キノコ類や野菜の種類を変えてみたり、日本酒を使うなど、いろいろ試してみてくださいね。







-は行

Copyright© スパイス&ハーブマニア , 2019 All Rights Reserved.