サントリナ<santolina>

投稿日:

サントリナは、南ヨーロッパ、北アフリカに分布するキク科の常緑小低木です。
全草を乾燥させたものをハーブとして利用します。

サントリナ:レモンフィズ2.5号ロングポット 6株セット[カラーリーフ] ノーブランド品

 

サントリナの特徴

サントリナは、綿毛に覆われた厚みのある銀白色の美しい鋸歯型の葉をもつ、シルバーリーフ(銀色の葉を持つ園芸種の呼び名)です。

高さ50㎝ほどに育つ茎葉は、よく枝分かれしながら密生するため倒れやすく、黄色の頭花をつけますが、花数がとても少ないため、株全体を覆うことはありません。

サントリナは、日本でも園芸種として人気のある草花で、葉に芳香があることから、ポプリやクラフトに使われることもあります。

その香りの良さから『コットンラベンダー』という別名を持ちますが、ラベンダーではなく、デイジーの近隣種です。

サントリナの効果と薬効

サントリナには、防虫効果があります。

サントリナの使い方

サントリナは、乾燥しドライハーブにして、ポプリや防虫剤に利用します。

サントリナの育て方

育てやすさ ★★★★★☆
挿し木   4月上旬~6月下旬
開花    5月上旬~7月下旬
収穫    5月上旬~7月下旬

・陽当たり良好で、水はけの良い場所を好む。
・高温多湿に弱い。株が大きくなったら梅雨前に刈り込みを行うこと。
・耐寒性はそこそこあるが、直接寒風のあたる場所はさける。

サントリナのレシピ(利用方法)
【サントリナの防虫ポプリ】

【材料】
サントリナ 適量
その他の道具 丈夫な紐、ガーゼ袋など通気性の良い袋

【作り方】
1.サントリナを花茎ごとかりこみ、ある程度の量ずつ根を紐でしばる。

2.風通しの良い日陰につるし、2週間~1か月乾燥させる。

3.乾燥したサントリナから、適量の花と葉をとり、準備していた袋につめたら完成。

サントリナの花と葉で簡単に作ることのできる防虫用ポプリです。
出来上がったポプリ袋をクローゼットに忍ばせておけば、虫食いを防ぐことができます。

ペパーミント、ラベンダー、レモングラスなどにも防虫効果が期待できるので、サントリナと一緒にポプリ袋に入れても良いでしょう。

管理人は、洋服にツンとした刺激臭がつくため、市販の防虫剤はあまり好きではないです。
虫がつくのは嫌だけれど、衣服からおばあちゃんのような臭い(ごめんなさい)がすると困りますよね。

その点、ハーブで作る防虫剤なら、むしろ衣服に良い香りがつきますし、使うハーブによってアレンジも可能です。

みなさんもぜひ楽しみながら、自分だけのオリジナル防虫剤を作ってみてくださいね。







-さ行

Copyright© スパイス&ハーブマニア , 2019 All Rights Reserved.