ガラムマサラ<Garam Masala>

投稿日:2017年6月22日 更新日: 2017年08月29日

ガラムマサラは、インド料理を中心に使われる調合スパイスです。

ガラムマサラ 100g 大津屋 パウダー 粉末 スパイス ハーブ 業務用 ガラムマサーラー garam masala ガラム マサラ ミックススパイス

ガラムマサラの特徴

ガラムマサラは、辛いスパイスと説明されることが多いですが、実際は、ヒンディー語で『熱い、暑い』を意味し、必ずしも辛いスパイスというわけではありません。

基本的には、料理の香りづけとして、ガラムマサラを仕上げに少量を加えます。

2~3種類のスパイスを合わせた簡単なものから、10種類以上のスパイスを合わせたものまで、いろいろなパターンのガラムマサラが存在しており、ペッパーやチリをベースにする辛さ重視の配合やシナモンやカルダモンをベースにした香り重視のものなど、料理人や家庭の数だけ、種類があると言われているインドを代表する混合スパイスです。

ガラムマサラの作り方

ガラムマサラのレシピは星の数ほどありますが、ここでは簡単に揃えやすいスパイスで作る基本のガラムマサラレシピをふたつご紹介します。

【ガラムマサラ(香り重視)】

【材料】
シナモン   小さじ1
カルダモン  小さじ1
ローリエ   2枚
クミン    小さじ2
コリアンダー 小さじ2
ナツメグ   小さじ半分

【作り方】
1.ローリエの葉を細かく刻む。すべての材料をフライパンで数分乾煎りする。

2.密閉容器で保存する。2~3か月保管可能。

 

【ガラムマサラ(辛さ重視)】

【材料】
クローブ     小さじ半分
ブラックペッパー 小さじ1
クミン      小さじ2
コリアンダー   小さじ2
チリペッパー   小さじ半分

【作り方】
1.材料すべてをフライパンで数分乾煎りする。

2.密閉容器で保管する。2~3か月保管可能。

ちなみに、市販のガラムマサラは、辛さと香りのバランスの良い物が多いです。
管理人が紹介したレシピそれぞれを半量ずつ合わせると、近いものができあがります。

また、このふたつを事前に作っておくことで、好きな対比でブレンドし、その時に作る料理に合わせたガラムマサラを作ることができるので作り置きにおすすめです。

ガラムマサラのレシピ(使い方)
【ガラムマサラのレモン塩焼きそば】

【材料】
焼きそば麺   2玉
豚肉      150g
お好きな野菜  適量(タマネギ、ニンジン、ネギなど)
ニンニク    1片
オリーブオイル 大さじ1

★レモン汁   大さじ1
★コンソメ   小さじ2
★ガラムマサラ 小さじ1(辛さ重視)

【作り方】
1.フライパンにオリーブオイルをしき、みじん切りにしたニンニクを温める。

2.ニンニクから香りが出たら、豚肉と野菜を入れてしんなりするまで炒める。

3.野菜に火が通ったら、焼きそば麺を入れて軽く炒める。

4.最後に、★の調味料を混ぜ合わせたものを入れて、麺に絡ませたら完成。

ガラムマサラがピリリと辛く、レモンが爽やかなスパイシー塩やきそばです。
お好みでふんわりと炒めた卵を絡めると、全体的に味がまろやかになって食べやすくなります。

管理人は、辛いものが好きなのでこの配合ですが、辛いものが苦手な方はガラムマサラ半量からお試しくださいね。

コンソメを鶏がらにし、オリーブオイルをごま油に変えると中華風になります。
どちらの風味もガラムマサラに良く合い、とても美味しいのでぜひお試しください。







-混合スパイス

Copyright© スパイス&ハーブマニア , 2019 All Rights Reserved.