サグカレー(ほうれん草のカレー)

投稿日:

ほうれん草をたっぷりと使って作るサグカレーは、インドの家庭でも大人気のカレーだそうです。
鮮やかな緑色をしているこのカレーは、原色系が苦手な日本人にはややなじみにくいかもしれません。

でも、食べてみるとわかりますが、ほうれん草の美味しさがぎゅっと詰まっていてマイルドで優しい味がします。
少しだけ他のカレーより手間がかかりますが、美味しいのでぜひ一度は手作りに挑戦してみてほしいですね。

サグカレーには、鶏肉で作るサグチキンとサグパニール(パニールは牛乳で作るチーズのこと)、
ひよこ豆などの豆類を入れて作るサグダールなどいろいろなバリエーションがあります。

ここでは、メイン具材はフリーにして、ベースのサグカレーの作り方をご紹介します。

サグカレーのレシピ(作り方)

 

*写真はサグパニールカレー

【材料】4~5人分
メイン具材       お好みで(鶏肉、パニール、豆類など)
ほうれん草       2束
タマネギ        1個
トマト缶        1缶(400ml)
ニンニク        2片
ショウガ        大さじ2(みじん切り)
コンソメ        小さじ1
クミンシード      小さじ1
★クミンパウダー    小さじ1
★コリアンダーパウダー 大さじ2
★ターメリック     小さじ2
★ガラムマサラ     大さじ1
★ブラックペッパー   小さじ半分
★カイエンペッパー   小さじ半分~1(お好みで辛さ調整してください)
水           100㏄
生クリーム       50㏄(ヨーグルトで代用可)
塩           適量

【作り方】

1.タマネギ、トマト缶、茹でたほうれん草を別々にミキサーにかけてピューレ上にしておく。
 ショウガ、ニンニクはみじん切りにしておく。

2.フライパンにサラダ油(分量外)をひき、ニンニク、ショウガ、クミンシードを入れて香りを出す。

3.良い香りがしてきたら、タマネギピューレを入れて色が変わるまでじっくり炒める。

4.色が変わったら★の調味料を入れて混ぜたらトマトピューレを加え、やや粘りが出るまでゆっくり炒める。

5.粘り気が出たら、水100㏄とコンソメ、ほうれん草ピューレを加えて弱火で4~5分煮込む。

6.最後に、生クリームを加えて軽く煮込み、塩で味を調えたら完成。

メイン食材を入れるタイミングは、鶏肉ならトマトピューレと一緒に、豆類は事前にゆでておき、ほうれん草ピューレと一緒に入れると良いです。
パニールはそのまま食べられるので、食べる直前に入れるか、出来上がり前にさっと入れましょう。

ほうれん草を入れてから煮込みすぎると色が悪くなるので注意してくださいね。
ほうれん草は一度茹でてからペーストにしてあるので、軽く煮込めば十分です。

タマネギとトマトの食感を残したいなら、みじん切りで作っても良いですが、個人的に、サグカレーはなめらかな食感のほうが美味しいと思います。そのあたりはお好みでどうぞ。

もっと、簡単にサグカレーを作りたいなら、調合スパイスをカレー粉大さじ2で代用しても大丈夫です。
ちょっと風味は違いますが、サグカレーの美味しさは堪能できると思います。

コリアンダー(パクチー・香菜)がお嫌いでなければ、生の葉をトッピングしてみてください。
香りがぐんと増して、さらに美味しいサグカレーが楽しめますよ!

 

 







-料理レシピ

Copyright© スパイス&ハーブマニア , 2019 All Rights Reserved.