ソープワート(サポナリア)<Saponaria>

投稿日:

ソープワート(サポナリア)は、ヨーロッパの山地に自生するナデシコ科の多年草です。
主に、葉をハーブとして利用します。

ソープワート[サボンソウ・サポナリア]:八重咲き桃花3号ポット* 4株セット ノーブランド品

 

 

ソープワート(サポナリア)の特徴

高さは低い物は20㎝程度ですが、大きい物では100㎝ほどに育つ種もあり、全草が緑色で毛はなく、上部は直立しており、薄いピンクの小花を咲かせます。

ソープワート(サポナリア)には近隣種が20~30種類ほど存在しており、その中で最も良く知られる代表的な種は『シャボンソウ』です。

シャボンソウは、その名の通り、葉を水に浸して揉んでいると泡立つ性質があります。
これは、全草にサポニンを含むためであり、昔から天然石けんとして利用されてきました。

日本でも、第二次世界大戦のころに、石けん不足解消のため用いられたという記録があります。

ソープワート(サポナリア)の効果と効能

ソープワート(サポナリア)には、腺病、慢性皮膚病、去たん、発汗などに効果があるとされていますが、根に有毒成分を持つので、一般家庭での飲用は避けるようにしましょう。

ソープワートの使い方

ソープワート(サポナリア)の全草は、石けんやシャンプーの材料として使われるほか、根を液体にしたものが、古い織物の色を鮮やかに蘇らせることができるので、博物館などの貴重な織物の洗浄用液として利用されています。

ソープワート(サポナリア)の育て方

育てやすさ ★★★☆☆☆
株分け   3月上旬~4月下旬
開花    7月上旬~9月下旬
収穫    7月上旬~9月下旬

・やや湿り気のある場所に土を掘り起こして植え付ける。
・大型なので鉢植えには向かない
・水やりは3~4日に一度程度で良い

ソープワート(サポナリア)のレシピ(利用方法)
【ソープワート(サポナリア)の天然石けん水】

【材料】
ソープワート(サポナリア)の葉と茎  適量

【作り方】
1.ソープワート(サポナリア)の葉と茎を適当な大きさにわけ、しっかり浸かる程度の水で30分煮だす。

2.良く冷ましたら漉して保存容器に移す。用途によっては希釈して使う。

小さいころに学校で作ったソープワート(サポナリア)の液体せっけんのレシピです。
田舎の小学校だったからだと思いますが、今考えると非常に貴重な経験をしたなあとしみじみ思います。

結構はでに泡立ちますし、思ったよりも変な匂いとかはなかったですね。
こだわる人は、これをさらに固めて固形石鹸にしても良いでしょう。

ソープワート(サポナリア)の根の部分には毒性があるので、根を使うのは避けたほうが無難です。
植物が泡立つなんて不思議な現象ですが、戦時中は実際に使われていたみたいだし、また作ってみたいですね。

子供と一緒に作るのも楽しそうですね。みなさんも、興味があればぜひ手作り石けんをお試しくださいね。







-さ行

Copyright© スパイス&ハーブマニア , 2019 All Rights Reserved.