イランイラン<Ylang Ylang>

投稿日:2017年5月31日 更新日: 2017年05月31日

イランイランは、東南アジアを原産地とするバンレイシ科の常緑高木です。
先が丸くカールした花びらが特徴で、葉、茎、花をハーブとして利用します。

100種子/多くの新しい種2015!のイランイランノキ、イランイランの木、コンテナまたは屋内植物花の種

 

イランイランの特徴

タガログ語で『花の中の花』を意味するイランイランは、その名に恥じず、枝から垂れ下がるようにして、ピンク、藤色、黄色のとてもきれいな花を咲かせるハーブです。

また、花から漂う濃厚で甘い香りは、風に乗り遠い場所まで届くほど強く芳香するため、『パフュームツリー』とも呼ばれています。

イランイランの効果と薬効

イランイランのエキゾチックな香りには催淫効果があるとされ、インドネシアなどでは、結婚式を挙げたカップルの寝所に、イランイランの花びらをまくという風習があります。

また、その香りには、抗うつ効果や精神高揚効果、ホルモンを活性化される作用があり、イランイランの精油は、薄毛予防や乾燥肌にも良いとされています。

イランイランの使い方

芳香剤代わりに、イランイランの花を飾るほか、精油にして、整髪料やシャンプーに配合されたり、高級な香水やマッサージオイルとして使われています。

イランイランの育て方

育てやすさ ★★★★☆☆
種まき   6月中旬~9月下旬
開花    5月上旬~10月下旬
収穫    5月上旬~10月下旬

・寒さに非常に弱いので、冬場は10℃以下にならないように注意する
・湿り気があり酸性気味の土を好む

イランイランのレシピ(利用方法)
【イランイランの愛されパフューム(香水)】

【材料】
無水エタノール    5ml
イランイランの精油  3~4滴
サンダルウッドの精油 5~6滴
レモンの精油     8~10滴(グレープフルーツ可)

【作り方】
1.遮光性アトマイザー(香水ボトル)に、無水エタノールを入れる。

2.イランイラン、サンダルウッド、レモンの順に、香りを確かめながら少しずつ1に足していく。

3.ふたをしっかりと閉めて、冷暗所で2~3週間寝かせたら完成。

男性を虜にすると言われる甘めのイランイランとサンダルウッドに、シトラス系のレモンの香りを配合することで、甘すぎない香りに仕上げた香水です。

デートや大事な記念日などに、ちょっとつけてみると気分が変わって良いと思います。

香水作りが上手な方は、精油を5~6種類ブレンドして使われますが、管理人はシンプルに2~3種類で配合するのがお気に入りです。

1か月以上寝かせると、香水が馴染んでさらに香りが良くなります。
ぜひ、みなさんも手作り香水で甘く官能的なイランイランの香りを堪能してくださいね。







-あ行

Copyright© スパイス&ハーブマニア , 2019 All Rights Reserved.