エンレイソウ<Trillium smallii >

投稿日:

エンレイソウは、ロシア極東部、日本全域に生育するユリ科の多年草です。
エンレイソウは、全草をそのまま観賞用植物として利用します。

※ユリ科と分類されることが多いですが、シュロソウ属に分類される場合もあります。

【山野草】八重咲大輪エンレイソウ(大株)

エンレイソウの特徴

エンレイソウの仲間は、基本的に葉が3枚、花びら3枚、萼が3枚とすべて3が揃っている特徴的な草花です。
主に山間部の明るい低木林の中や杉林の中、川辺など湿り気の多い土地に生えています。

日本国内で栽培されているエンレイソウは、正確にはオオバナノエンレイソウと呼ばれ、唯一花びらのないエンレイソウと異なり、可愛らしい白い花を咲かせる近隣種です。

本来のエンレイソウは、非常に栽培が難しいため、自生しているものを摘み取って使いましょう。

野生のエンレイソウの場合、自生している環境によって、花びら(外花被片)の色が明るい赤や緑、濃い紫色など同じ品種でも変わる場合があり、大きさも個体差が大きく、その生育の幅は10~50㎝もあります。

エンレイソウの効果と薬効

本来、毒草に分類されるエンレイソウですが、民間療法では催吐剤として利用されたり、馬用の薬として使われることもあります。

エンレイソウの使い方

清楚で可憐なたたずまいから、茶席の花として利用されることが多いようです。

エンレイソウの育て方

育てやすさ ★★★★☆☆
種まき   6月
開花    4月上旬~5月下旬
収穫    4月上旬~5月下旬

・湿度変化の少ない、日陰の涼しい場所へ植える。
・乾燥を防ぐため、こまめに水やりをする。
・マイコプラズマ病やアブラムシに気を付ける。

エンレイソウのレシピ(利用方法)
エンレイソウは、上記の通り毒草に分類されるため、食用のレシピはありません。

ですが、『奥ゆかしい美しさ』という花言葉を持ち、可憐な魅力のあるエンレイソウは、茶席の花としてしばしば利用されています。

参考程度に、民間療法として使われてきたエンレイソウの歴史を紹介すると、古い時代の中国や日本で食べ過ぎや飲みすぎた際に、胃の中の食べ物を吐き出させる催吐剤として使われていました。

毒物を摂取した時に、吐き出させる効果が強いことから重宝され、その結果、命拾いすることから『延齢草(エンレイソウ)』という感じがあてられています。

ちなみに馬の薬にした、という記録はあるものの、何の薬だったのかは不明です。

毒草であることは間違いないので、絶対に口にしないように気を付けましょう。







-あ行

Copyright© スパイス&ハーブマニア , 2019 All Rights Reserved.