簡単なハーブ石けんの作り方

投稿日:2017年9月2日 更新日: 2018年04月01日

おしゃれなお店に売ってあるハーブの入った石けんって、使ってあるハーブの種類で香りも色も違い、どれも良いものに見えて選ぶのが大変ですよね。

ハーブ石けんは良い香りがするだけでなく、薬効成分の働きでリラックスさせてくれたり、薬用成分で肌荒れを治し、美肌に導いてくれるなど、嬉しい効果がたくさんあります。

もし、そんなハーブ入りの石けんが自分で作ることができるなら、すごく素敵だと思いませんか?

手作り石けんは準備する材料も多く、危険な薬剤を使うため、敬遠されがちですが、自宅用の簡単なものなら、市販の石けんを使って簡単に作ることができます。

ここでは、誰でも簡単にトライできる簡易ハーブ石けんの作り方をご紹介します。

ハーブ石けんを作るための準備と材料

【材料と道具】
無添加の石けん 1個
お好きなハーブ 大さじ1~2杯分(生なら軽くひとつかみ程度)
ハチミツ    大さじ1(省略可)
熱湯      50㏄
お好みで    粉末ハーブを小さじ1程度

耐熱カップ、スプーン、電子レンジ

ハチミツを加えると肌に良いのですが、石けんが傷みやすくなります。
使う時期や長く保管する予定の場合、省いたほうが良いでしょう。

粉末ハーブを石けんに混ぜると、香りと薬効成分の効果が高まり、スクラブ効果も期待できます。
ただし、肌の弱い人には向かないので、自分の肌質と相談して慎重に配合してくださいね。

簡単なハーブ石けんの作り方

※画像の石けんに使用したハーブは、ローズマリー、タイム、レモンバームです。
練りが甘かったので少し原型の石けんが残っていますが、実際はもっと綺麗に完成します。

【ハーブ石けんの作り方】

1.熱湯にハーブを入れて5分ほど蒸らし濃いハーブティーを作る。石けんを包丁で細かく刻む。

2.細かく砕いた石けんを耐熱カップに入れ、30秒ほどレンジにかけて柔らかくし、蒸らしたハーブティーを30㏄加える。

3.しっかりと練りながら混ぜ合わせる。石けんがダマになるようなら、再度20秒ほどレンジにかける。

4.綺麗に混ざりあったら、ハチミツと粉末ハーブ(省略可)を加えてさらに練る。どうしても練りにくいなら、ポリ袋などに移して手で混ぜ合わせても良い。

5.ある程度の固さになったところで、手で形を整える。綺麗な形を出したいなら紙コップなどに詰め込むのもおすすめ。

6.半日ほど乾燥させたら、包丁などで好きな形にカットする。または、紙コップを破いて出す。

7.1週間~10日ほど陰干しし、表面が固く乾いたら完成。たまに裏表を返すと完成が早い。

手順が多く見えますが、実際は練り練りが大変なだけで、あまり難しくありません。

もともと、管理人がこの石けんを作り出したのは、大量に無添加石けんをもらったからでした。
石けんって、贈答品の定番なのか、そんなに使わないのにもらってしまうんですよね。

リサイクルショップなどに行くと、結構良い無添加石けんが安く売られているので、そういうのを狙って買ってくるのも良いと思います。

手作り石けんの良いところは、自分の混ぜたいハーブだけで作れること。
好きな香りのハーブだけで作った石けんは、それだけでもすごく特別な気分になれるんですよね。

今回は、ハーブティーを利用しましたが、精油を使って作っても良いです。
ただ、ハーブティーを使うよりも、肌に刺激が残るので敏感肌の人は注意してくださいね。

さらに、もっともっと簡単に作りたい方は、手作り石けん用のチップを買うと良いです。
この石けん作りで一番大変な、石けんを削る作業を削減できます。
大きな雑貨店や通販ショップに売られているので、ぜひ探してみてくださいね。

石けんに良いハーブの組み合わせはたくさんあるので、また別の機会にまとめたいと思います。
(石けんに良いハーブの組み合わせまとめ記事はこちら)







-雑貨レシピ

Copyright© スパイス&ハーブマニア , 2019 All Rights Reserved.