パースニップ<Parsnip>

投稿日:

パースニップは、ヨーロッパを原産地とするセリ科の二年草(一年草)です。
主に、根の部分をハーブとして利用します。

ハーブの種パースニップPetrik有機栽培されたロシアの家宝NON-GMO

 

パースニップの特徴

高さ90~130㎝ほどに成長し、茎は中空で根部はニンジンのような形状で幅7~10㎝、長さ30㎝とニンジンより大きいです。
根から伸びた茎葉は、羽状に深い切れ込みがあり、葉柄がとても長く、傘状に黄色い小さな花を多数咲かせます。

日本へは、アメリカから明治時代に伝わりましたが、当時の日本ではあまり人気がでなかったようです。

ニンジンに良く似ていることから、別名『シロニンジン』『サトウニンジン』と呼ばれ、有名な児童書『ドリトル先生』に出てくる豚のガブガブの大好物でもあります。

10~11月ごろに収穫できる主根は、寒さにあたると糖分を増す性質をもつので、なるべく遅く収穫したほうが苦味が少なく甘くなります。

パースニップの効果と薬効

パースニップには、食欲増進効果、鎮静効果などがあります。

パースニップの使い方

ポトフやシチュー、ボルシチなどの煮込み料理に使われるほか、
ヨーロッパでは、煎じ汁を腎臓炎の改善の民間薬として利用しています。

パースニップの育て方

育てやすさ ★☆☆☆☆☆
種まき   5月
開花    7月上旬~8月下旬
収穫    10月上旬~11月下旬

・日当たり良好で水はけがよい場所を選ぶ
・深く耕して元肥えと苦土石灰をいれて畝を作り、気温が20度を超えてから直播きする
・葉が4~5枚出たら20㎝間隔で間引き、2~3回追肥し、根元に土をよせる
・多湿による根腐れに注意
・ヨトウムシやアブラムシもわきやすいので都度駆除すること

パースニップのレシピ(利用方法)
【パースニップチップス】

【材料】
パースニップ  1~2本
小麦粉     大さじ1~2
揚げ油     適量
塩       適量

【作り方】
1.パースニップを良く洗い、皮ごとスライサーでスライスする。水にさらす必要はない。

2.キッチンペーパーなどで軽く水気をふき取り、小麦粉をまぶす。袋に入れて振るとやりやすい。

3.揚げ油を熱し、2のパースニップを揚げる。色が変わってきたら一度取り出す。

4.1分ほど冷ましてから、二度揚げする。こんがり良い色になったら油から取り出す。

5.熱いうちに塩を振って完成。揚げたてはやけどに注意すること。

煮物やスープに使われているイメージの強いパースニップですが、スライスして油であげると、ポテトチップスみたいな味と食感になります。

ニンジンみたいな臭いを想像するかもしれませんが、加熱すると臭いがなくなり、甘味が増してとても美味しいです。

管理人の住んでいる地域では、たまに物産館で『白人参』として販売されていて、このパースニップチップスのことも、生産者の方のコメント欄で知りました。
試しに、普通の人参も一緒にあげてみましたが、ぜんぜん味と食感が違いますね。

パースニップはとても美味しくてクセも少なく管理人好みなのですが、どうして日本人に受けなかったのか不思議です。
パクチーですらブーム化したし、いつかパースニップにもブームがくるといいなあと、密かに期待していたりします。

日本では、あまり販売されていないと思いますが、入手機会があればぜひお試しくださいね。







-は行

Copyright© スパイス&ハーブマニア , 2019 All Rights Reserved.