覚えておくと便利な保存瓶の消毒方法のやり方いろいろ

投稿日:

自家製の調合スパイスやペースト、乾燥ハーブや果物ジャムなど、作り置きのものを長期保存したい場合には、保存用の容器を消毒しておく必要があります。

保存瓶の消毒方法で代表的なやり方は、やはり煮沸消毒法なのですが、鍋よりも大きな瓶を消毒したいときや、大量に保存瓶を消毒したい場合には向きません。

と、言うわけで、ここでは、煮沸消毒方法を含め、管理人がやっている消毒方法をいくつかご紹介します。

熱湯で行う煮沸消毒のやり方

準備するもの

保存瓶、鍋、綺麗な布巾2枚

やり方

1.保存瓶とふたの部分を洗剤で綺麗に洗っておく。

2.布巾1枚を鍋に敷き、その上に保存瓶とふたを置き、保存瓶が隠れる水を注ぎ入れ、湯をわかし2分以上沸騰させる。
※保存瓶を沸かす際は、熱湯に容器を入れるのではなく必ず水から。沸騰したお湯にいきなり瓶を入れると割れる恐れがあり危険です。
※保存瓶のふたがゴム製品の時は、劣化を防止のため、沸騰したお湯の火を止めた後3分間つけおきすること。

3.綺麗な布巾の上に、保存瓶とふたの口を必ず下にして並べて乾かす。(雑菌が入るので口を上にしない)

たまに、おばあちゃんなどが大きな保存瓶に熱湯を直接かけて消毒しているのを見かけますが、ガラス瓶に直接お湯をかけると、割れる危険があるので絶対にやめましょう。

消毒方法としても不完全ですし(煮沸消毒は最低熱湯2分)、大きな保存瓶は後で紹介するアルコール消毒が簡単ですぐ終わるのでおすすめです。

電子レンジを使って消毒するやり方

準備するもの

綺麗な布巾

やり方

1.瓶とふたを洗剤を使って綺麗に洗う。水分をそのままにして口を上にし、電子レンジにセットする。
※金属製のふたはレンジ消毒できません。煮沸消毒しましょう。

2.保存瓶は必ず1個ずつ入れ、500~600Wで1分レンジにかける。(危険なので加熱しすぎない)

3.綺麗な布巾を敷き、その上に保存瓶を口を下にして置く。しっかりと乾燥させる。

おそらく、消毒方法の中では一番簡単なやり方がこの電子レンジ消毒かと思います。
他の消毒方法に比べて精度は落ちますが、そこまで長期で保存しないものや今すぐ消毒したいというときにおすすめです。

大きな保存瓶をアルコールを使って消毒するやり方

準備するもの

キッチン用の消毒用アルコール(消毒用エタノール)、清潔な布巾

やり方

1.保存瓶を洗剤で丁寧に洗ったあと、しっかりと乾燥させる。半袖または、腕の出せる服を着て、肘まで丁寧に洗っておく。

2.消毒用アルコールを保存瓶に直接吹きかけるか、綺麗な布巾に消毒用アルコールを浸透させて、丁寧にすみずみまでふきあげる。

消毒用のアルコールは、そんなに高いものでもないので買っておくと便利です。
綺麗な布巾がなければ、キッチンペーパーを2重にしたものでも代用できます。

保存瓶の消毒がきちんと出来ていなければ、せっかく作ったものが台無しになってしまうので、自己流でいい加減にせず、正しいやり方を覚えておきましょう。







-コラム

Copyright© スパイス&ハーブマニア , 2019 All Rights Reserved.