シナモン<Cinnamon>

投稿日:2017年5月22日 更新日: 2017年05月28日

シナモンは、中国、インド、スリランカ原産のクスノキ科常緑高木です。
樹皮を丸めて棒状にしたものや粉状にしたものをスパイスとして使用します。

シナモンスティック セイロン 50g 業務用 シナモン ハーブティー ハーブ cinnamon しなもん 桂皮 ケイヒ セイロンニッケイ 肉桂 ニッケイ

 

シナモンの特徴

紀元前4000年ごろから、ミイラを作る際の防腐剤として使用されてきた最古のスパイスのひとつです。
シナモンは独特のおだやかで優しい甘さと香りをもち、ほのかな苦みもあります。

旧約聖書の『エゼキエル書』や古代ギリシャの詩人サッポーの作品にも記載があり、古くから香料や防腐剤として活躍してきました。

日本ではニッキと呼ばれて親しまれていますが、これは厳密にいうと違う品種になります。
スパイスとしてのシナモンの材料になるのは、スリランカ原産のセイロンシナモンと、東南アジア原産のカシアの2種類の樹皮です。

シナモンの効果と薬効

カルシウム、鉄分、マンガンを多く含み、香り成分であるシンナムアルデヒドには、毛細血管を守る働きがあるため、毛細血管の減少で起こるしわやシミなどの改善に役立つとされています。

発汗をうながし、冷え性を改善する効果もあるため、ダイエットにもしばしば利用されるスパイスです。
また、消化を助ける働きや胃腸を健康にする効果もあります。

シナモンの使い方・代表的な料理

シナモンは、甘味との相性が抜群で、パンやクッキーなどの焼き菓子、パイ、クレープ、フレンチトースト、フルーツジャムなど洋菓子には欠かせないスパイスになっています。

シナモンスティックをココアやコーヒー、紅茶に刺して飲むシナモンドリンクも今やカフェの定番です。
また、中国の代表的ミックススパイス『五香粉』にも使われています。

モロッコのタジン鍋やインドカレーにも良くあい、独特の風味がクセになる味わいです。

シナモンスティックを使ったポプリ(ハーブやスパイスを使った室内香)を、欧米ではクリスマスデコレーションとして飾り付ける習慣があります。

シナモンを使ったおすすめレシピ
【シナモン香る焼きりんご】

【材料】
りんご  4個
レーズン 15粒

★ラム酒  小さじ1
★砂糖   大さじ3
★レモン汁 大さじ2

シナモン 適量
バター  30g

【作り方】
1.りんご3個は、スプーンなどで芯をくりぬく。1個は皮をむいて1㎝程度の角切りにする。

2.角切りにしたりんごとレーズン、★の調味料を耐熱容器に入れてラップし、500W2分かける。

3.耐熱容器に芯をぬいたりんごを並べ、りんごの中に2の具材、シナモン、バターを3分の1ずつ詰める。

4.200度に予熱したオーブンで40~45分ほど焼く。

5.焼きあがったら熱いうちに逆さまにし、出た汁をりんご全体にかけて冷ませば完成!

お子さんに食べさせたい場合は、ラム酒を使わずに作ってください。
バニラアイスや生クリームを添えると一層美味しく食べることができます。

中身用のアップルラムレーズンが余ったら、ヨーグルトなどのトッピングにおすすめです。
りんごの食感を残したい場合は、加熱時間を35分程度にすると固めに仕上がります。







-さ行

Copyright© スパイス&ハーブマニア , 2019 All Rights Reserved.