カレープラント<Curry Plant>

投稿日:

カレープラントは、地中海沿岸部を原産地とするキク科の多年草です。
花、葉、茎を生のまま、または、乾燥させて利用します。

【6か月枯れ保証】【ハーブ】カレープラント 9.0cmポット

 

カレープラントの特徴

名前からもわかるように、カレープラントは、葉や茎にカレーパウダーを思わせるスパイシーな香りがするハーブです。

乾燥した丘の上や岩場の間、崖などに自生し、黄色い可愛らしい花を咲かせるのですが、この花が、ドライフラワーにしても全く色あせないため、『エバーラスティング(永遠)』『イモーテル(不死)』と呼ばれています。

カレープラントの効果と薬効

カレープラントには、精神を落ち着ける効果や疲労回復効果のほか、殺菌・消臭効果などがあります。

カレープラントの使い方

カレープラントは、苦みや辛味が非常に強いため、実際にカレーパウダーの原料にはなりませんが、スープやピクルスの香りづけに利用されることがあります。

乾燥させても色あせない性質から、ドライフラワーやポプリ、リースなどの装飾品も人気です。
カレープラントの殺菌・消臭効果を生かして、トイレに飾られることもあります。

また、銀白色のとてもきれいな葉は、花壇の縁取りや寄せ植えにぴったりで、イギリスでは、古くから庭園の彩りとして使われており、いろいろな場所で見かけるメジャーなハーブです。

カレープラントの育て方

育てやすさ ★★★★☆☆
種まき   4月上旬~5月下旬、9月上旬~10月下旬
開花    6月上旬~8月下旬
収穫    4月上旬~9月下旬

・日当たりが良い場所に植え、乾燥気味に育てる
・密生しないように注意し、こまめに枝を切ること。

カレープラントのレシピ(利用方法)
【カレープラント香るピクルス】

【材料】
パプリカ  1個
きゅうり  1本
にんじん  1本
セロリ   1本

★酢        180ml
★水        160~180ml
★砂糖       50g
★塩        小さじ2
★ローリエ     2枚
★カレープラント  1枝
★ブラックペッパー 4~5粒(ホール) 

【作り方】
1.★の材料をひと煮立ちさせ、冷ましておく。

2.野菜をすべてスティック状に切り、保存瓶に立てて詰める。

3.2の保存瓶に冷ました1をすべて浸かるように注ぎ入れ、蓋をして冷蔵庫で冷やす。

4.浅漬けなら2~3時間で完成。清潔な器具を使って取り出すように気を付ければ最長1週間もちます。

基本のピクルス漬けに、カレープラントを加えたレシピです。
カレープラントのスパイシーな香りと、ブラックペッパーの刺激的な香りがとても合います。

ピクルスにする野菜は、お好みで準備してください。
きゅうりや大根のように、水分の出る野菜を使うときは、酢を多めに入れておくと薄くなりません。

辛味がほしいなら、鷹の爪を1本入れるとピリ辛ピクルスになります。
また、スライスニンニク1かけを足すことで、食欲をそそる香りになり、カレープラントとの相性も良いので、ニンニクの臭いが気にならない方におすすめです。







-か行

Copyright© スパイス&ハーブマニア , 2019 All Rights Reserved.