オーリチ<orach>

投稿日:

オーリチは、アジアやヨーロッパ、北米に原産するアカザ科の一年草です。
全草を観賞用にするほか、葉を生のままハーブとして利用します。

【山ほうれん草 5把】島根県産無農薬栽培 【送料込】

オーリチの特徴

茎がまっすぐに立ち上がり、長さ10㎝ほどの葉が、互生または対生につきながら、高さ2.5メートルほどの高さまで成長します。

葉の色は、赤銅色っぽい緑または、光沢のある紫褐色です。
枝の先に淡い緑色の小さな花を穂状に細長くつけます。

オーリチの同種の中には、赤紫色や淡紫色の品種も存在し、葉の色がとても美しいため、観賞用の花壇花としても非常に人気があります。

オーリチの効果と薬効

オーリチは、昔から民間療法として食用され、のどの痛みや痛風に効くと言われています。

オーリチの使い方

若葉を摘み取って、少し固めの葉は、基本的に茹でて食べます。
ただし、アカザ科に属する植物にはサポニンが多いので、食べ過ぎないように気を付けましょう。

和名の『ヤマホウレンソウ』の名が示す通り、ホウレンソウの代わりに良く利用され、主にスープやサラダの彩り野菜として利用されています。

オーリチの育て方

育てやすさ ★★★★☆☆
種まき   4月上旬~5月下旬
開花    6月上旬~10月下旬
収穫    6月上旬~10月下旬

・水はけがよく、陽当たり良好な場所を好む。
・水やりしすぎないように注意し、定植前にすき込んでおく。
・葉を利用するなら、花穂は早めに摘むこと。
・高温多湿に弱いので、梅雨時期の水はけに注意。

オーリチのレシピ(利用方法)
【オーリチ(ヤマホウレンソウ)の卵スープ】

【材料】
オーリチ     1束
タマネギ     1個
卵        1個
鶏がらスープの素 2個
しょう油     小さじ1
ごま油      大さじ1
水        600ml
塩コショウ    適量

【作り方】
1.オーリチは、熱湯で1分ほど茹でて水にさらし、2㎝ほどに切る。タマネギは薄切り、卵は先に溶いておく。

2.鍋に水、鶏がらスープの素、しょう油、タマネギを入れて煮込む。

3.タマネギに火が通ったら溶き卵を流しいれ、軽く散らすように混ぜる。

4.仕上げに、ホウレンソウとごま油を入れ、塩コショウで味を調えれば完成。

 

日本でも、物産館などの生産者販売でたまに見かけるオーリチですが、ほとんどの場合、ヤマホウレンソウの名で売られています。

観賞用のオーリチは赤紫色がほとんどですが、食用のオーリチは、ホウレンソウに近い緑色の品種が多いようです。

観賞用のオーリチも見たことがありますが、茎から葉まで鮮やかな紫色をしていて、その時はそれがオーリチだとわかりませんでした。

オーリチは、茹でるとある程度柔らかくなり、癖もあまりないので食べやすいかと思います。

オーリチが余った場合は、茹でた状態でラップし、冷凍する方法がおすすめです。
生のまま保存したい時は、新聞紙にくるみ、野菜室で立てて保存しましょう。

このレシピは、鶏がらスープをコンソメ、ごま油をオリーブオイルに変え、洋風のスープにしても美味しいのでぜひお試しください。







-あ行

Copyright© スパイス&ハーブマニア , 2019 All Rights Reserved.