2.通勤・通学時の電車やバスでの不快感に効くアロマテラピー

投稿日:

通勤や通学時間のバスや電車はどうしても人が多く、時には不快な気持ちになることもあります。

管理人も体調があまりよくない時に満員電車に乗ると、車酔いしてしまうほうなので、時間に余裕があるときは、バスや電車の時間をずらしてゆったりと乗ることが多いです。
でも、ほとんどの人が決まった時間に乗らなければならず、毎日憂鬱な思いをしていることでしょう。

できることは限られていますが、やれる範囲で車酔い対策や気持ちを落ち着かせる精油を準備して、少しでも気分よく通勤・通学できるように心がけましょう。

通勤・通学時の電車やバスでの不快感に効く精油

オレンジスイート
グレープフルーツ
シトロネラ
ひのき
ゼラニウム
フランキンセンス
ベルガモット
ペパーミント
ユーカリ
ゆず
ラベンダー
レモン
レモングラス
ローズマリー
ローズウッド

通勤・通学時の電車やバスでの不快感に効くロールオンオイル

周りに気を使う場所でアロマオイルを使うなら、ロールオンタイプがおすすめです。
電車やバスの中でイライラするときに、さっとひと塗りすると気分が落ち着きますよ。

【ロールオンタイプ・準備するもの】
ひのき     1滴
レモン     2滴
キャリアオイル 大さじ1
ロールオン容器 1個

【ロールオンタイプのやり方】
1.キャリアオイルと精油を良く混ぜ、ロールオン容器につめる。

2.気分がイライラするときに、さっと鼻の下などに塗る。

人の多い満員の車中で不快な気分になったときにさっとひと塗りすると、ひのきが落ち込みがちな気分を良くし、レモンが気分をリラックスさせてくれます。

ロールオンタイプなら局所的にほのかに香るだけなので、自分以外の人にはほとんどわかりません。
ぜひ、お気に入りの香りで作って、ポケットに忍ばせておいてくださいね。

通勤・通学時の電車やバスでの不快感に効くアロマミストスプレー

ロールオンタイプ以外では、いろいろなものにサッと吹き付けて使えるスプレータイプがおすすめです。
空間にスプレーできるので、プライベートな車内などでは直接吹き付けるなど、場所や状況によって使い分けられます。

【アロマミストスプレー・準備するもの】
ベルガモット  4滴
ペパーミント  4滴
無水エタノール 小さじ1
精製水     45ml
スプレーボトル 1個

【アロマミストスプレーのやり方】
1.精製水と無水エタノールに精油をたらし良く混ぜ、スプレーボトルにつめる。

2.リフレッシュしたい空間に1~2プッシュする。または、ハンカチなどに香りを移す。

淀んだ気分のリフレッシュと乗り物酔いの緩和に効くアロマスプレーです。
公共交通機関の場合には、空間スプレーはできないのでハンカチやティッシュに香りを移して使いましょう。

管理人のおすすめは、マスクに香りを移して使う方法です。
マスクなら周りに気づかれずに、思い切り精油の香りを堪能することができます。
排気ガスや淀んだ空気を直接吸わずに済むし、一石二鳥ですよね。ぜひ、お試しください!

通勤・通学時の電車やバスでの不快感対策

通勤通学時のバスや電車での不快感を減らすために、みなさんがしている個性的な対策を集めてみました。

・通勤バッグをリュックタイプに変える
両手が使えるようになることで身体が安定し、バッグの心配をする必要がなくなります。

・朝早起きして空いている時間帯にのる
早起きが苦手な人はつらいですが、一番現実的な対策かもしれません。

・ノイズキャンセル付きのイヤホンで音楽を効く
音楽を効くことでストレス解消したくても、雑音が多いとそれもままなりません。
少しお値段がはりますが、乗り物内ではノイズキャンセル機能がついたイヤホンを使いましょう。

・マスクを着用する
上記記事内でも触れましたが、マスクは淀んだ空気をシャットアウトし、悪臭も緩和できるので本当におすすめです。

これらの他に、満員電車が嫌だから始発駅に引っ越した、通勤を自転車に変えたなどの意見もありました。
さすがにそこまではできないと思いますが、みなさんもできる工をして頑張っていきましょう。







-仕事・アロマテラピー

Copyright© スパイス&ハーブマニア , 2019 All Rights Reserved.